糖尿病食の宅配サービス~日々の栄養バランスを整える~

料理

痛風になりやすい食事

シニア

痛風とは尿酸値が高くなり関節炎を引き起こしてしまう病気です。最近では研究も進んで痛風の症状を改善することが出来る治療薬も開発されています。ですが基本的な生活習慣や食事内容を正すことの重要性は依然として変わらないのも事実です。そのため薬だけに頼って痛風を改善しようとするのではなく、自分自身が病気と向き合うための第一歩としてまずは食事内容の見直しから始めましょう。

まず痛風を発症している人たちには、共通している食事内容があります。痛風の原因である尿酸はプリン体を過剰に摂取することで増えてしまいます。そのため痛風患者の多くはプリン体が多く含まれている食品を、無意識の内に摂取している可能性が高いのです。プリン体を多く含んでいる食品としては動物性食品や高カロリーな食品があります。動物性食品の中でも肉類には多くのプリン体が含まれています。肉類の中でも注意が必要な部位がレバーやバラ肉です。一見身体にいいイメージのある魚類でもプリン体の保有量という観点でみると、カツオやエビ、スルメイカ、牡蠣などにはプリン体が多く含まれているため、摂取する際にはその量に注意が必要です。そして最も注意が必要なのがお酒です。お酒は種類によってプリン体を多く含んでいます。ビールなどがそのいい例でしょう。そして合わせて注意したいのがおつまみです。お酒に合うおつまみにもプリン体が含まれているので、お酒を飲む習慣がある人はぜひとも注意したいところです。