糖尿病食の宅配サービス~日々の栄養バランスを整える~

料理

食生活に注意する

食事

痛風は風が吹いただけでも痛みが走ると表現されるほどの辛い病気です。ですが現在の医療の段階では症状を和らげることは出来ますが、完治をさせることは出来ません。そのため根気強く痛風の症状と付き合って行かなければならないのです。痛風を改善する際に避けられないのが食事制限です。痛風になってしまう人は、発症する前にプリン体が多く含まれる動物性食品や、高カロリーな食品を多く摂取してきたという特徴があります。そのため痛風発症後はそれらの食品を控えた食事を摂る必要があるのです。尿酸値を下げる食事を摂りながら、日々の食生活にも注意しておきましょう。

まず痛風の原因になる尿酸値は、日々の食事メニューを改善してくことでコントロールすることが可能です。まずは過剰なアルコールの摂取を控えるということです。プリン体を多く含んでいることで有名なビールですが、アルコール全般を控えたほうがベストです。というのもアルコールは肝臓に運ばれると尿酸生成を促す効果があるのです。とはいっても今後金輪際、アルコールを飲んでは行けないということではありません。量を考えて適量であればお酒を楽しむことが出来ます。量としてはビールであれば中ビン1本、日本酒であれば1合というように1日の適量を守りながら飲むことが大切です。そしてお酒を飲む際におつまみを食べることが多いですが、このおつまみにもプリン体は多く含まれます。おつまみを食べる際は、野菜や海草類、プロセスチーズ、豆腐などいわゆる低下カロリーでタンパク質を含んだものを摂取すると良いでしょう。